2007年09月27日

チャーリーズ・エンジェルスに魅了された時代



フランス通信社の日本語版ニュースサイトを見ていたら、ショッキングなことが・・・

ジャズとは無関係ですが、女優のファラ・フォーセットが、「再発したがんの治療をドイツで受けることが明らかになった。」と知って。

しかも、それは再発だというじゃありませんか。

「Bunte」によれば、フォーセットさんはフランクフルト大学(Frankfurt University)病院で化学療法を受けると同時に、バイエルン(Bavaria)州バート・ヴィースゼー(Bad Wiessee)の病院でも別の治療を受けるという。

 フォーセットさんは2006年10月に腫瘍摘出手術を受け、今年2月には完治の診断を受けていた。しかし「Bunte」は5月に大腸がんが再発したと報じた。(c)AFP


チャーリーズ・エンジェルは悪をやっつける最強の絶世美女の三人組ですが、中でも史上世界一セクシーなブロンド、ファラが一人で人気を支えていたと言えそうです。
これまた地上最強改造人間600万ドルの男、リー・メジャースと夫婦で、世界中から羨ましがられた格好いいカップルでした。

その頃わたしが何をしていたかと言うと、まだ家庭用ビデオが普及していなかったので、テレビ画面を一生懸命カメラで撮っていました。

一本の同じフィルムの中に、チャーリーズ・エンジェルのジル(ファラの役名)の艶姿と、渡辺貞夫カルテットと、深夜番組11PMのエンディングに登場する杉原淳とサラブレッズが一緒くたに入っていたのを思い出しました。

チャーリーズ・エンジェルと同じ頃人気だったのが、白バイ警官ジョン&パンチ。
こちらは、音楽担当がJ.J.ジョンソン、の氏名でドーン!と表示されていたのをはっきり覚えています。
JJのクレジット画面で、白バイが全開フルスロットルになるのですが、そこにはKAWASAKIの刻印あざやかなエンジンがクローズアップになりました。

大富豪の私立探偵チャーリーの抱えるエンジェルで一番人気、ジルの愛車は、白いフォード・マスタングでしたが、ジョンとパンチが所属署から支給された白バイは、メイドインジャパンの川崎重工製だった、というのが当時のわたしの妙にウキウキした思い出です。
今思えば、1970年代から警察では高くて故障の多い国産車ではなく、安い日本製白バイでコストカットをしていたんだな、とか、輸出拡販を狙う川崎重工が人気番組とタイアップしたんだな、等夢の無い現実論ばかり考えてしまうのが何とも・・・。


しかしフランス通信社の引用写真は、60代にさしかかるファラですが、30年以上同じライオンのたてがみのように豪華なレイヤードスタイルのブロンドは、そのまま続けているのには感激です。

毎回奇跡で悪者退治をしてきたエンジェルのジル、度重なって襲いかかるガンに、必ず今度も勝ってほしい!
posted by Jersey Bounce at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | Jazz独白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57548611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: フォード・マスタングフォード マスタング (Ford Mustang) とは、アメリカ合衆国の自動車メーカー、フォード・モーター社が製造販売する乗用車。かつては「ムスタング」とも表記された。.wiki..
Weblog: 輸入車、購入前の豆知識!
Tracked: 2007-10-01 07:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。